column

#教員1年目の君へ

#教員1年目の君へ

初めまして、宮崎県で教員をしております。臨時での勤務も含めると、早いもので教職9年目になります。好きな料理はお好み焼き、現在はサイクリングにハマっております。

 

そんな私から、教員1年目の君(=私)へお手紙を書いてみました。

 

拝啓〜実習がトラウマの君へ〜

君は覚えているかな?

千葉大学での実習で初めて受け持った授業、体育。

2年生といっしょに鉄棒遊びをしようとしたよね。

一生懸命考えて授業を構想したね。準備運動までは中々よかったよ。

そしたら、落ちていたボールを見た子どもたちが、

「ドッチボールがしたい!」

と走っていきましたね。

一緒にドッチボールをしたら、後で担任の先生にこっぴどく叱られましたね。

 

そんな私の実力で教員が勤まるのか悩んでいると思います。でも大丈夫です。

今から8年後、君は附属小学校に勤務し、2年生の担任として、実習生を教える立場になります。

「子どもを笑顔にしたい。」という自分の声を信じて歩いていけば、必ず実力が付いてきます。

 

拝啓〜消えてしまいそうな君へ〜

初めて任された仕事は月に1回のアンケート。

運動会の資料作りに勤しむ隣の席の先生。

かたや、することがなく(分からず)パソコンを眺め苦しむ君。

 

自分はなんのために存在しているのかと悩んでいることでしょう。

今にも消えてしまいそうな君へ、私からの教訓をお伝えします。

 

【手を挙げよう】

 

教室では「手を挙げなさい。」というのに、手を挙げない大人たちがいるのが学校です。

 

「(研修にて)何か質問はありませんか?」

「だれか、卒業式のピアノを弾きませんか?」

「だれか、研究授業をしませんか?」

「だれか、体育主任をしてくれませんか?」

 

こんなにもチャンスが散らばっている職場は、他にはありません。素晴らしい職を見つけることができましたね。

 

拝啓〜ありがとう、イエスマンの君へ〜

断るって中々難しいですよね。

なんでも受け入れてしまう君は、時々そんな自分に嫌気が差すこともあると思います。

 

・子どもに誘われた休日の少年団の試合を見に行く君

・下手なゴルフに誘われてしょうがなく行く君

・しんどいのに保護者や地域の方との飲み会に行ってしまう君

 

でも、今の私は、そんな君に感謝しています。君のおかげでたくさんお友達ができ、学校でない場所での楽しみをもつことができました。

イエスマンの君がつくった人との輪は、私の宝物になっています。

 

拝啓 この手紙を読んでいるあなたが、幸せになることを願います。敬具